デリケートゾーン黒ずみにアットノンを使ってみた人の口コミ効果

デリケートゾーン黒ずみにアットノンを使ってみた人の口コミ効果

デリケートゾーンの黒ずみはアットノンで消えるのでは?

アットノンは傷ややけどのあとに効くという口コミ評価で脚光を浴びた製品です。メーカーはわかりやすい商品名が多いことで知られるあの小林製薬です。
傷ややけどのあとにどう効くのか。端的に言うと、あとを薄くして目立たなくします。
人間は傷もやけどもある程度の物であれば自分の力で治癒できる一方、深い傷や酷いやけどは治りはするもののあとが残ってしまい、しかも、場所によっては目立ってしまいます。そういう風に残ってしまった傷・やけどの跡をキレイに消したいという人は多く、そういう需要に対して供給が一致したアットノンはヒット商品となりました。
そんなアットノンであればデリケートゾーンの黒ずみにも効くのでは?と考えるのは自然な流れというものです。黒ずんでいるのは傷ではありませんし火傷でもありませんが、もともとはなかったのにできてしまった、かつ、消えてほしいのに残っているという共通点があり、この共通点をアットノンで改善できるなら、裏を返せばデリケートゾーンの黒ずみを薄くできるということになります。

デリケートゾーンの黒ずみにアットノンを実際に使用した口コミ評価

デリケートゾーンの黒ずみにアットノンを使用した人の口コミ評価をチェックしてみたところ、「効いた」という人もいれば「効かなかった」という人もいました。個人差が生じる物であれば効いた派と効かなかった派とに口コミ評価が分かれるのは当然のことです。
とはいえ、結局デリケートゾーンの黒ずみに効くのか効かないのか。そのカギを握るのは、アットノンの成分です。
アットノンの有効成分はヘパリン類似物質、アラントイン、グリチルリチン酸ニカリウム(グリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸2Kとも)。ヘパリン類似物質には、血行を促進、ターンオーバーを促進、過剰なコラーゲンを分解する効果が。アラントインとグリチルリチン酸ニカリウムは共に抗炎症成分で、前者・アラントインには皮膚(表皮)の再生を促進する、後者・グリチルリチン酸ニカリウムには傷ややけどの跡の赤みを抑制する効果があります。つまり、血行やターンオーバーを促進し、なおかつ、表皮の再生も促進し、炎症が起きているとしても抑制することによって傷・やけどの跡が薄くなっているということです。

デリケートゾーンの黒ずみにアットノンは効く・効かない

デリケートゾーンの黒ずみ改善アイテムとアットノンを比較してみます。アラントインやグリチルリチン酸ニカリウムは他社のデリケートゾーン黒ずみ改善アイテムでも見かける成分です。ヘパリン類似物質は黒ずみケアアイテムではあまり見かけないものの、保湿剤であるヒルドイドの主成分ですので、保湿成分と同列の扱いにできます。
ただ、大きな違いとして、アットノンには美白成分が配合されていません。美白成分という外側から受ける効果によって傷・やけどの跡を薄くするのではなく、ターンオーバーの促進など内側からの効果によって薄くしていくという仕組みだからです。
デリケートゾーンなどにできる黒ずみの正体であるメラニン色素は、ターンオーバーが促進されることでメラニン色素が排出されれば薄くなります。また、黒ずんでしまう原因のひとつとして炎症が挙げられ、炎症を抑えることが黒ずまなくなることに繋がります。アットノンが効いたという口コミ評価はこのパターンでしょう。
しかしながら、ターンオーバーのスピードを上まわる勢いでメラニン色素が生産されているとしたら美白成分の入っていないアットノンでは太刀打ちできないため、それが効かないという口コミ評価になっているのです。