デリケートゾーンの黒ずみを薬局で市販されている商品で治せるのか

デリケートゾーンの黒ずみを薬局で市販されている商品で治せるのか

薬局で市販されているデリケートゾーン黒ずみ解消商品の種類

薬局でよく見かけるデリケートゾーン黒ずみ解消商品としては、石鹸やボディソープ、ジェル、クリームなどがあります。
石鹸については、インドネシアに古くから伝わるハーブを調合したものであるジャムウが配合された商品が多いという特徴があります。その他にも保湿成分や美肌成分、フェロモン成分などが配合されており、商品によって配合成分が異なります。
ボディソープについては、デリケートな部分をいたわり、保湿しながらケアすることを目的として作られています。保湿は、既にできてしまった黒ずみのケアに欠かせないものであるだけでなく、刺激や摩擦などから肌を守り、新たに黒ずみができるのを防ぐ効果もあります。それでいて、汚れや匂いはしっかり落とすことが必要となりますから、洗浄力と保湿のバランスが重要です。
ジェルやクリームについても、保湿が主な目的となります。お風呂上がりにデリケートな部分の潤いを閉じ込め、刺激や摩擦から保護するのがジェルやクリームの役割です。ジェルの場合はさらっとした使用感で肌への浸透が早く、クリームの場合は塗った後もしっとり感が持続するという違いがあります。

薬局で市販されているデリケートゾーン黒ずみ解消商品の成分

ジャムウの他、コラーゲン、ヒアルロン酸、ツバメの巣、乳酸、グリチルリチン酸2Kなどがあります。ジャムウについては、パパイヤやカミツレ、ローズマリー、甘草など日本でもお馴染みの植物成分の他、ツボクサやマグワ根皮といったインドネシアならではの成分も含まれています。何百種類のハーブから厳選されたものが配合されるため、商品によって何が入っているかは異なります。
コラーゲンやヒアルロン酸については、言わずと知れた保湿成分です。また、ツバメの巣も保湿効果が高いことで知られますが、これはシアル酸という成分によるものです。シアル酸は、コラーゲンやヒアルロン酸を必要とされる部位へと誘導する作用があります。
乳酸やクエン酸には、デリケートゾーンの肌の状態を整え、古い角質を落としやすくする効果があります。グリチルリチン酸2Kについては、漢方に用いられる甘草から抽出される成分です。抗炎症効果が高く、様々な医薬品にも用いられています。

薬局で市販されているデリケートゾーン黒ずみ解消商品ランキング

第3位

オーガニックフレグランスホワイトクリーム マプティ
ヒアルロン酸生成を促進するGABAが含まれるピルベリー葉エキスや、色素沈着とメラニン生成を抑制させるカミツレ葉エキス等、こだわりのオーガニック成分がたっぷり配合されています。フルーティーな香りから徐々にフローラルな香り、最後に上品な甘さとセクシーさを併せ持つ香りへと変化するロングフレグランスも人気の秘密です。

第2位

東京ラブソープ
くすみを取るジャムウハーブ、消臭効果のカキタンニン、植物性のプラセンタとも呼ばれるバイオアンテージ、これらの3本柱で200万人の女性に愛されてきたロングヒット商品です。肌に透明感をもたらす大豆発酵液や、保湿・抗酸化作用に優れた美容成分であるセリシンなども配合し、ハリと潤いを守り、洗い上がりも気持ちが良いプルプル肌へと導きます。

第1位

ジャムウクリアナノソープ
インドネシアで古来より伝わるジャムウ成分を12種類配合した、デリケートゾーンの黒ずみやニオイ、かぶれ等のお悩み解消のための石鹸です。ツバメの巣、コラーゲン、エラスチンといった保湿成分、フェロモン成分オスモフェロンも配合し、悩みを解消しながら肌をケアし、女性の魅力も引き出します。